甘い物を食べても大丈夫なダイエット方法

日焼け止めの正しい塗り方と一工夫

この時期気になるのが紫外線対策です。
日焼け止めを塗るのが常識となってきていますが、日焼け止めにも種類がたくさんあります。
SPFは肌を赤くするB波、PAは真皮に届いてシワやシミの原因になるA波への強さを表しています。
強ければ強いほどよいというわけではありません。
その分落ちにくかったり肌への負担が多かったりしますので注意が必要です。
また、最近では化粧水のように伸びがよくすっと肌に馴染むものが多くなってきましたが、あまり薄く
伸ばしてしまうと本来の力を発揮できません。伸ばすのではなく肌に置くようにしてたっぷりと使いましょう。
それでも完全に紫外線を防ぐことは難しいものです。詳細を知りたい方はスキンケア、ダイエットに情報が書いてます。

 

できれば物理的に遮ってしまうのが一番ですので、帽子やサングラス、アームカバーなどで皮膚を覆うのが理想的です。
そこまでできないという方は、日焼け止めの上にファンデーションやベビーパウダーなどの粉末でカバーすることで、
日焼け止めのみの場合よりも効果を高めることができます。